押忍!キャッシング番長

ギャンブルと向き合うサラリーマンの日常をどうぞご覧下さい!

現状の【つまらない遊技台】今後のパチンコ・スロット立ち回りについて考えてみた

f:id:umajin2050:20190908132218j:image

9月がスタートしましたが現在私はギャンブル封印中です…依存症を自負していますが心のなかで『あ~打ちたい!』とか『馬券買いたい!』というような感情が湧いてこないのが私の特徴です。

 

どうも

馬人20:50です~

@umajin2050

 

今年の収支が過去最悪になっているパチンコ・スロット…このままではマズイので私も2020年に向けて考え方を変えなくてはと本気で思ってきました。

 

 

今後のスロット

個人的な見解ですがお先真っ暗ですね(>_<)

スロットの醍醐味は「ビッグボーナス」を揃えて300枚の獲得枚数を重ねていく作業だと思っています。

 

正直ATというシステムは台から指示されて押し順でコインを獲得していく目押しなど必要のない退屈なもの…なので好きではありません。

 

4号機で「獣王」「北斗の拳」が爆発的に人気になりましたが私自身、既にその時代からスロットは終わったと思っています。

 

スロットは己の技術でコインを増やせるのが楽しかったのに…

 

現代のスロットはビタ押しという技術がミニゲーム的な扱いで失敗したとしても大損する事があまりないと見受けます。

 

ただ「バンバンクロス」は一度遊技してみたいな~と思っています(笑)

 

今後は現在設置されている「ハナビ」「バーサス」「ジャグラー」のような300枚獲得出来るAタイプが作れないので私はスロットに於いては『本当に終わった』と思います。

 

技術介入から知識介入になっている現代。私は時代に乗り遅れています…これからどうすか?

 

その答えは未だに手をつけていない6号機を私が打った時に感じる手応えで導き出されることでしょう。

 

今後のパチンコ

スロットとは逆にパチンコは手応えを感じています。とは言っても未だに「設定付」や型式に「P」が付いている新基準機を打っていませんが…

 

スペックによっては全く旧基準と同じような出玉が期待できるのではと思っています。

 

現に「Pリング」でのデータを見ても3万発、4万発の履歴を目にすることがあります。

 

現時点で新台「P北斗の拳8」でも6万発のデータを目にしました。

 

パチンコに於いては大当りのラウンド振り分け負けしない台であれば充分勝負出来るのでは?と感じています。

 

ただ設定付の遊技台は設定が分からない状態で打っている状況でのボーダーが判別出来ないので基本は回る台を打つ、設定は気にしないスタイルで打ち込んだ方が良いのかな?

 

まだ感触が分からないので私の妄想でしかないのですが…いずれにせよ触ってみれば手応えを感じる事が出来ると思うので、そろそろ挑戦してみようかなと思います。

 

 

まとめ

私はパチンコ業界の2020年の営業を注目しています。2020年4月には恐らくパチンコ店も原則全面禁煙になります。新たに喫煙室を用意しなければ店内喫煙が違法になります。

 

客も店も罰せられます(>_<)

どう対応するのか?この問題も注目しています。

 

問題だらけのパチンコ業界!

今のうちに収支を上げなければ(笑)

 

以上、養分サラリーマンの独り言でした。

(-_-)/~~~