【Daniel Wellington~ダニエルウェリントン】型番 0513DWの電池交換をやってみたよ

 

 

ダニエルウェリントンの電池交換

ダニエルウェリントン


こちらのベルトは天然素材を使用している為、キズ、色ムラ、しわがある場合がございますが、不良品ではございません。予めご了承をお願い致します。またこれらはご使用の中で徐々に馴染んでまいります。

裏蓋チェック

ダニエルウェリントンの裏蓋

裏蓋は「こじ開け」タイプです。銀色の裏蓋周りを見ると隙間があるので、そこへ工具を差し込みます。

このモデルは裏蓋右側に開け口があります。初心者の方は工具を滑らせてキズを付けてしまったり、裏蓋パッキンを切ってしまったり、自分の指に刺してしまったりといった失敗が多いのでユーザー自身での電池交換はオススメしません。

もし、上手く開けることが出来ても閉める際にガラスを割ってしまう失敗も多く見受けられます。

内部チェック

ダニエルウェリントンのムーブメント

裏蓋を開けると直ぐに電池交換できる常態になります。こちらのモデルは構造上、文字盤をこの状態からは外せません。一旦ガラスを外してからの作業になるので文字盤不良や針調整などの修理は時間がかかる事を念頭に置いて下さい。

電池交換

電池の取り外し方は下記リンクをご参照下さい。

使用電池


品名:酸化銀電池 型番:Φ6.8×2.15mm 電圧:1.55 サイズ:約直径9mm×約2mm こちらの商品送料無料です。注文のSTEP3 配送方法選択では【ボタン電池専用無料配送】をご選択下さい。

このモデルに必要な電池型番は

【SR621SW】

まとめ

0513DW 難易度★★☆

初めて電池交換をやる方で、こじ開けタイプの裏蓋は失敗が多いです。大事な腕時計は購入店または時計店に作業を依頼しましょう。